ホーム東京の私立中高の教員という仕事の魅力とやりがい

東京の私立中高の教員という仕事の魅力とやりがい

  • 東京の私立中高の教員という仕事の魅力とやりがい
  • 東京都の調査でも明らかな私立への圧倒的に高い満足度
  • 生徒・保護者から私立中高の教育と教師は高く評価されています
  • 転勤のない私立学校で情熱を傾け能力を存分に発揮できます
  • 充実した研修が受けられます
  • 自分の教育観に合った学校を選ぶことができます
  • 公的教育機関として認められた安定した職場です

東京の私立中高の教員という仕事の魅力とやりがい

東京都には私立中高が246校もあります。また全日制・定時制の高校に通う生徒の55%が私立の生徒ということから、東京では私立学校が進学先として高く支持されていることがわかります。
私立学校は、教員を採用する場合、各学校で独自に採用を行いますので、年一回の公立の採用試験とは違い、その機会も大変多く、あわせて東京私立中学高等学校協会が実施する私学教員適性検査や履歴書依託制度を利用することで、その可能性はさらに高まります。
このサイトをきっかけに、首都東京で確固とした地位を築き上げている私立中高の先生になって、みなさんの夢をかなえてください。私たちは、熱意あふれる先生を求めています。

東京都の調査でも明らかな私立への圧倒的に高い満足度

下のグラフは、「都立高校に関する都民意識調査」より抜粋した、子供の通う(一部卒業生保護者を含む)高等学校(都立・私立)の教育に関する満足度調査の結果です。「満足」および「どちらかと言えば満足」と回答した保護者の割合は、6項目の全てにおいて、都立より私立の方が高い満足度となっています。

point1

生徒・保護者から私立中高の教育と教師は高く評価されています

生徒・保護者から私立中高の教育と教師は高く評価されています

東京では多くのご家庭が私立中学・高等学校への入学を希望しています。それは私立の教育内容等が高く評価されているからです。
前スライドのグラフは東京都教育委員会が、都立高校、私立高校に通う生徒・保護者に聞いたアンケート結果です。ご覧のように、私立高校の教育への満足度が高い結果となっています。これは私立では、学校と教職員が一丸となり、生徒一人ひとりに対してきめ細やかな教育(学習指導・生活指導・進路指導など)を行っている結果です。

point2

転勤のない私立学校で情熱を傾け能力を存分に発揮できます

転勤のない私立学校で情熱を傾け能力を存分に発揮できます

公立中高では定期的な転勤が義務付けられ、希望する学校への赴任が難しい現実があります。また雰囲気も生徒の学力も全く異なる学校への異動も珍しくありません。これに対しほぼ転勤のない私立中高の教員は、しっかりと腰を据えて教育に取り組むことができます。自分が希望する校風の学校で、生涯にわたって、高い専門性に基づく活気ある授業ができるのは、私立中高の大きな魅力のひとつといえます。また、卒業後も恩師に会うために母校を訪れ、近況を報告したり、悩みを相談したりする卒業生がたくさんいます。何十年もの間、教え子の成長を見守ることができ、またその結果をすぐにフィードバックできるのは、私立中高の先生だけが味わえる醍醐味です。

point3

充実した研修が受けられます

充実した研修が受けられます

私立学校の教員としての資質やスキル向上のため、本協会では東京私学教育研究所を設置し、年間を通じて多くの研修会を行っています。いずれの研修会も現職の私立中高の先生たちの手によって企画・運営がなされており、社会の変化への対応に必要な研修はもちろん、長い教員生活を支える柱となる研修も充実しています。これらの研修会では、他校の多くの先生との交流を深めることができ、様々な情報を交換する有意義な場ともなっています。

point4

自分の教育観に合った学校を選ぶことができます

自分の教育観に合った学校を選ぶことができます

教育委員会の元に置かれている公立学校とは異なり、私立中高はそれぞれの創立者の思いを現在まで大切に受け継いでいます。そのため学校の成り立ちによって、男・女別学校や共学校、大学付属校や宗教教育を行う学校など、教育理念や教育方針においても各校それぞれに違った特色を持っています。つまり246校あれば246通りの理念が存在するわけです。そんな私立中高なら、あなたの教育観に合った学校を選ぶことができます。本当に納得できる教育の場を見つけてください。

point5

公的教育機関として認められた安定した職場です

公的教育機関として認められた安定した職場です

私立中高は法律に基づいて設置された公的教育機関であり、公立と協力しながらこどもたちの教育を担っています。ですから国や東京都は、私立中高が安定した経営のもと、公立にない特徴ある教育を行えるよう補助金を交付しているのです。特に東京都は全国でも類を見ないほど手厚い補助をしております。また働く先生に対する年金や退職金制度、福利厚生制度も公立学校に劣らず整備されていますので、私立中高の教員は安定した職業といえます。

  • Point 1
  • Point 2
  • Point 3
  • Point 4
  • Point 5
  • Point 6
  • Point 7